脱毛ラボで脱毛施術を行う時は、いくつか注意する点があります。

様々な注意事項がありますが、その中でも飲酒や日焼けには気をつけてください。

これら注意点を守らないと、脱毛施術ができません。

飲酒や日焼けが脱毛施術に影響する理由を説明します。

脱毛施術での飲酒

脱毛ラボでは、脱毛施術前、脱毛施術後の飲酒を禁止しています。

脱毛前に飲酒をすると血行が良くなり、飲んでいない時と比べて痛みや痒みが増してきます。

さらに、肌の赤みも強く出ることがあります。

そして飲酒後も同様です。

脱毛施術後にお酒を飲むと、体の血の巡りが良くなります。

血行促進は体に良い感じがしますが、脱毛にはあまり良くはありません。

脱毛施術をした後は肌がとても敏感状態になっており、血行が良くなると肌に痒みが増す場合があります。

さらに脱毛した後に肌に赤みが出た場合、その赤みがさらに強くなってしまう可能性があります。

その時の痒みに我慢できなくなり、掻いてしまう人もいます。

このように脱毛した後の肌はとても敏感な状態になっており、少しの刺激で肌が傷んでしまいます

しかし、ある程度時間をおけば大丈夫です。

時間のタイミングは、アルコールの分解時間に個人差があるため一概には言えません。

一般的な目安としては、肌の赤みや火照りがなくなった後です。

具体的には脱毛を行う前日夜、また脱毛当日の飲酒を控えた方が無難と言えます。

日焼けについて

脱毛施術を行う時は、日焼けにも注意する必要はあります。

日中の強い紫外線によって脱毛部位が日焼けしてしまうと、火傷や炎症を起こしてしまいます。

脱毛部位が火傷したり炎症を起こしたりすると、肌にも大きな影響を及ぼします。

また脱毛機器はメラニンに反応しますので、日焼けした肌では脱毛効果が薄れてしまいます。

脱毛部分だけでなく、日焼け部分にもマシンが反応してしまいます。

このように、日焼けをすると期待通りの脱毛効果を得られない可能性もありますので、脱毛施術を行う前、脱毛施術をした後は気をつけてください。

脱毛施術が決まったら紫外線には当たらないよう、日頃からしっかり管理しておくことが大切です。

脱毛ラボでの脱毛効果を実感するためにも、以上の点に注意してください。

脱毛ラボでは、脱毛施術前、脱毛施術後の飲酒、日焼けを禁止しています。

脱毛施術行う前、行った後に飲酒や日焼けをすると、脱毛効果が薄れます。

脱毛効果を増すためにも、脱毛期間中は飲酒や日焼けに十分注意してください。